患者権利憲章

 患者権利憲章

     

 患者様との信頼関係の中で、より良い医療を行うことを目指しておりますその実現に向けて、患者様の権利と責任について定め、患者様と医療提供者との協力のもとに診療活動を行って参ります。

1. 良質の医療を受ける権利

  どなたでも良質な医療を公平に受けることができます。

2. 情報を知る権利

  病状や検査、治療、見通しなどについて、必要なわかりやすい説明を受けることができます。

3. 自己決定の権利

  十分な説明と情報提供を受けたうえで、検査や治療方法などを自らの意思で選択することができます。

4. プライバシーが保護される権利

  個人の情報やプライバシーは法律の下に保護されます。

5. 参加と共同の責任

  より良い医療の実現のためには、患者様および家族の方々の医療への積極的な参加、協力が必要です。また、患者様は、自己の病状について情報を正確に伝える責務があります。

6. 他者の権利の保護

  患者様の権利が保護されると同様に他の患者様、医療提供者の治療や業務も保護されます。

7. 診療契約の条件

  患者様は受ける医療、受けられた医療に対しその対価を速やかに支払う責務があります。




先頭に戻る