回復期リハビリテーション


次のような疾患を発症され、又は手術された後の早い時期から全身状態の治療と並行して、リハ医、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、MSW、看護師他病棟スタッフ等専門の治療チームが総合リハビリテーション計画のもとに、急性期・亜急性期の集中的な入院リハビリテーションを受けて頂き、機能回復やADL能力の回復、向上、維持を目指し、在宅復帰や寝たきり防止に全力を挙げております。

回復期リハビリテーション対象疾患・状態 リハ病棟 入院期間
① 脳血管疾患、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症等の発症又は手術後2ヶ月以内の状態 150日(5ヶ月)
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頭部外傷を含む多部位外傷 180日(6ヵ月)
② 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の骨折の発症、又は手術後2ヶ月以内の状態 90日(3ヶ月)
③ 外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後、2ヶ月以内の状態 90日(3ヶ月)
④ 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靭帯損傷後1ヶ月以内 60日(2ヶ月)



□診療情報提供書 朋愛回復期リハ用

エクセル形式 ダウンロード
PDF形式(AdobeAcrobat) ダウンロード
画像形式 ダウンロード

エクセル形式書類を表示するにはMicrosoft®Excelが必要です
PDF形式書類を表示するには Acrobat Reader(無料) が必要です