睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群
睡眠時無呼吸症候群という病気
SAS:Sleep Apmea Syndorome

睡眠時無呼吸症候群

夜間眠れないとか、よく寝たつもりでも昼間に眠たくて仕方がないなど、 このような睡眠に関する悩みを持つ人はたくさんいらっしゃいます。
同じような悩みを持った人の中で、中高年層の男性に多くいると言われているのが、 睡眠時無呼吸症候群です 。

●激しいイビキ(呼吸停止)
●疲れの取れない睡眠
●不眠
●頻回の中途覚醒
●体動の多い睡眠
●日中の眠気・疲れ・倦怠感など・・
激しいイビキ 日中の眠気 疲れ・倦怠感

睡眠時無呼吸症候群の種類

睡眠時無呼吸症候群という病気は、睡眠中に10秒以上の無呼吸や低呼吸が 1時間あたりの平均5回以上ある病気です。
睡眠無呼吸症候群には、無呼吸の起こり方として閉塞型・中枢型・混合型の 3タイプがあります。最も多いのが閉塞型睡眠時無呼吸症候群です 。

睡眠時無呼吸症候群がもたらす危険性

睡眠時無呼吸症候群は、さまざまな生活習慣病を合併するといわれ 睡眠時無呼吸症候群でない人と比べて次のような危険性が報告されています。
●高血圧症
●糖尿病
●冠動脈疾患
●脳血管障害
●心筋梗塞
●QOL(生活の質)の低下
●交通事故
●労働災害
●仕事や学業の能率低下
CPAP装置
CPAP療法の様子


医療法人朋愛会