睡眠時無呼吸症候群の検査・治療


睡眠時無呼吸症候群の検査

当院では、まず個室で、1泊2日の携帯型のPSG検査装置を利用し1泊2日による検査を行います。スクリーニングの結果によっては、頭や身体に色々なセンサーを装着して行うPSG検査を実施しますが、苦痛を伴う検査ではありません。眠りながら検査を行うので安心して受けられます 。

検査・治療とも健康保険が適用されるようになりました。
睡眠呼吸障害の診断検査は、一泊入院で、費用は診察、スクリーニングと携帯型のPSG検査の場合、1割負担で約5,000円程度、3割負担では約15,000円程度です。診察、スクリーニングと精密検査のPSG検査の場合、 1割負担で約8,000円程度、3割負担では約22,000円程度です。
個室を用意致しますので、お部屋の個室料が別途必要となります。
スクリーニング検査等の内容により若干費用は異なる場合があります。
睡眠時無呼吸症候群の検査経過

PSG検査の様子

睡眠時無呼吸症候群の治療

睡眠時無呼吸症候群の重症度及び自覚症状により異なりますが、一般的に軽症例では、生活習慣の改善(減量・禁煙・禁酒など)や口腔装具(マウスピース)の使用、中等症以上の場合は、CPAP療法(経鼻的持続陽圧呼吸療法)を行います。

CPAP(シーパップ)装置
鼻にマスクを装着して空気を送り込み、上気道の閉塞を防ぐ方法で、治療に最も効果的です。
CPAP療法の様子 CPAP装置


医療法人朋愛会